いいリフォームなら、茨木市・高槻市・北摂他で40年の実績

e-Reform

山川建築工務店

1級建築士事務所

固定電話番号 072-665-4227

日中連絡先 090-8368-3595

豆知識 その他

豆知識の中で、他の内容のページに載せていないものを、その他にして載せています。役立てばと思います。

豆知識内の他のリンクは、メニューバーかこのページの下にあります。

地震のゆれやすさマップについて

内閣府では、表層地盤のゆれやすさ全国マップを公開しています。
下記の画像は、大阪府のゆれやすさマップになっています。
自分の住んでいる所の地震の参考になればと思います。
他の全国マップは、各自治体防災情報の各都道府県へ。

窓(サッシ、障子)の取り外し方 引き違い窓の場合

窓(サッシ、障子)は1枚ガラスの単板ガラスは、 まだなんとかなりますが、
エコポイントなどがついた復層ガラスなどの場合は、ガラス2枚分の重さになり、かなり重たくなりますので、
2人以上で作業することを、おすすめいたします。

1、網戸をはずす

今の窓は、内側から、外せる物もありますが、少し古いサッシなどは、外側からしか、外せません。
網戸のはずし方は、 網戸のはずし方 引き違い窓の場合に載っています。

2、障子のはずれ止めを下げる

これも、少し古いサッシなどには、ありませんが、今の、サッシには、付いている物も多いです。

障子のはずれ止め調整ネジを左にまわし、緩めて、そのまま下に下げます。
その後に、緩めたネジをしっかり締めてください。

障子はずれ止め

3、気密ピースを上げる

中には、気密ピースがある物もあります。左右両方にあります。
この場合は、調整ネジを緩め、気密ピースを上げます。

障子気密ピース

4、障子をはずす

後は、内側からなら、内側から順番に、外側からなら、外側から順番に、サッシを持ち上げて、手前に引けば外れます。
障子を入れるときは、逆手順でやればOKです。

サッシを戻した後は、外れ止めや気密ピースがある場合は、元に戻して、ネジを締め直してください。

きついネジの外し方

きついネジは、そのまま回そうとしても外れません。
力に任せてやったり、インパクトドライバーなどを使うと、ネジ山が潰れてしまい、こうなると外すのが、非常に困難になります。
このネジ固くて外れないなと思ったら、以下の方法を試してみてください。

防カビ潤滑油(KURE556など)を使う

サビついて回らない時などは、防カビ潤滑油をスプレーして、10分ほど待ってから、回してみてください。
ネジをたたける時は、スプレーして、木片などを使って、ネジの頭をいろんな角度からたたいてみてください。
それで、しみこめば、いけるかと思います。

アイロンなどで熱してみる

ネジの頭にアイロンなどを使って熱して冷めてから回してみてください。
バーナーなどが使える環境なら、そういう物でもいいです。
熱せれば、物は、何でもいいです。

もし、ネジ山が潰れてしまったら

もし、ネジ山が潰れてしまったら、ネジの頭が出ている時などは、ペンチのような物でつかみ、それを回してみる。

貫通ドライバー(軸が持つ柄の部分を貫通している物)を使い、それを、金槌を使い叩いて、ネジ山をもう一度作ってみる。

専用のネジ外し剤を使ってみる。

以上参考になるかわかりませんが、がんばってください。

粘着シールのはがし方

粘着シールをはがす時は、新しいシールなら、ゆっくりとカタツムリのような速度ではがすと、粘着剤も一緒にはがれる。
木材などにべたつきが残った場合、溶剤などで拭くと塗りのばしたり、染みこませるような結果になってしまうことが多い。
粘着が残った場合などは、片栗粉をかけてウェスで混ぜて、粘着剤をからめとるようにしてみよう。

キッチンのカウンターの高さについて

カウンターの適正な高さは、使う人によって異なります。

その目安は、【身長÷2+5cm】 です。

例えば、身長150cmの場合は、75cm+5cmで、80cm という計算になります。

ただし、これは、あくまで目安であって、カウンターの奥行きや、個人差で異なります。
ショールームなどで、実物などを確認する必要があります。
システムキッチンなどの場合
あらかじめ高さが決まっていることが多いです。
一般的には、80cm、85cm、90cm の場合が多いです。
計算が、中間になったときなどは、一番近い高さを候補にして、ショールームなどで、実物を確かめるといいと思います。

オープンスタイルのキッチンは、換気扇2つに

オープンスタイルのキッチンの場合、調理のレンジフードとリビングやダイニングとキッチンの中間にもう1つ天井換気扇をつけます。
レンジフードなどでとりきれなかった煙やにおいをとるのに役立ちます。
もし、間仕切り壁があったら、キッチンの出入り口付近にします。
においや煙をとるのに大変役立ちます。

洗い場はモザイクタイル(細かなタイル)にすると滑りにくい

洗い場の床に大きなタイルを使うと、普通でも滑りやすいのですが、石けん水が流れたときなどは、非常に滑りやすくなります。
そこで、2cm角ぐらいの、モザイクタイルにすると、目地の部分が、滑り止めになり、滑りにくくなります。
ザラザラな大きめのタイルより、掃除も簡単です。

トイレのドアは、できるだけ外開きに

トイレの暖房も普及してきましたが、まだまだトイレは、寒いところが一般的です。
冬になると、暖房としてないところの寒暖の差で、トイレ内で、倒れたという話も結構あります。
その時、ドアが内開きだと、倒れた人が引っかかり、すぐにドアは、開かないことになりかねません。
そこで、外開きドアにしては、具合の悪いときを除き、原則トイレのドアは、外開きを推奨します。
また、この時、鍵も外側からコインなどで解錠できる錠前にします。

玄関の土間に、直線階段が続くと、転落死の可能性がある

玄関のタタキを上がって、すぐの位置に上がり口がつづく場合 万が一上から転倒して、上から落ちた勢いで、土間にたたきつけられ 打ち所が悪ければ、死亡事故にならないともかぎりません。
階段の転落事故は、けっこう多いのです。
どうしてもこの位置にしかとれない場合には、次善の策として、上がり口を90°曲げて向きを変えるようにします。

豆知識メニュー
豆知識 網戸の取り外し方
豆知識 建具の調整
豆知識 住まいの住宅設備
豆知識 住まいのお掃除